わの会「わたくし美術館」紹介・案内                                   

美術館名
高木俱・山口源美術館
代表者         設立年
水口英男        2018年
住所
410-1123 静岡県裾野市伊豆島田355-3
055-993-5930
開館時間 10:00〜18:00
休館日 木曜日・年末・年始 
入場料 無料 予約制
 ホームページ http://arthouse.sp.land.to/  メールアドレス susono-art@sf.tokai.or.jp
設立の趣旨
山口源と高木俱は共に沼津に縁の深い作家で、山口氏は国際展で評価されたのですが、亡くなられて40年以上が過ぎ段々忘れられています。高木氏は30数年の付き合いから、美術への姿勢、精神の高さに尊敬をしておりました。二人の作品を顕彰し後世に遺す一助となればと思います。
運営方針
・作品の収集活動より、美術に興味を持って楽しんでくれる人を増やしたい。
・誰でもが気軽に来て癒しの空間にしていきたい。
・美術の裾野を広げることが、作家にとっても社会にとっても必要と感じています。
 活動内容(企画展など)
裾野アートハウスとして現代の作家の企画画廊として1986年に設立し多くの展覧会を実施。
2018年に上記美術館設立。
主なコレクション
青木一香 一原有徳 大沢昌助 オノサトトシノブ 
北川民次 澤田祐一 菅井汲 菅沼稔 島州一       
難波田龍起 馬場檮男 望月通陽 他
広報活動
企画展の時に案内状。新聞社等に呼びかけ。
図書館・市文化センターなどに案内状かチラシを置かしてもらう。
今後の方向性・課題
これはと思う作家を取り上げたい。インスタレーションなどもOK。ただし自宅スペースなので展示できる範囲で。
高齢者となり収集した作品をどのようにしていくか思案中。
その他・特長
自宅を開放したギャラリーと美術館なので入りにくいようです。気軽に来て頂きたい。
企画展開催中は予約はいりません。その他の日は
予約をお願いします。
アクセス(地図)
・JR三島駅よりバス(裾野方面行き)伊豆島田上で下車。徒歩3分
・東名高速裾野ICより20分
・新東名 沼津長泉ICより15分
 外観・展示室内風景(写真)
        
 
わの会「わたくし美術館」紹介・案内 

事例 1 柏わたくし美術館

美術館名
柏わたくし美術館(現在 休館中)
代表者         設立年
堀良慶         2000年11月1日
住所
〒277-0871 千葉県柏市若柴1-358
0471-84-8381
開館時間 10:00〜18:00
休館日 木曜日・年末・年始
入場料 無料 予約制
 ホームページ 開館11年後閉鎖 (2014年休館)  メールアドレス ryokeihori@yahoo.co.jp
設立の趣旨
心の癒し、心の活性の為にコレクションしてきました。精神世界の充実と拡大の為 公開しています。社会貢献も目的の一つです。「心の開放」をキャッチフレーズにしました。発信はあくまで“個からの発信”です。少し図々しく、全国向けにHPと月刊美術誌に掲載してきました。
運営方針
約1000点の所蔵作品を自宅で展示、公開。“個からの発信”を基本とし、美術普及を目的としました。

1収集、2保存、3展示、4 教育、5美術普及、6美術研究の内1,2,3、5を実施しました。
 活動内容(企画展など)
1 年5回程度の企画展(1)特定作家の個展、回顧展70点を目標 (2)一人のコレクターのコレクション展70点を目標  2 当初物故作家の展示を重点に運営  物故者の企画展は力不足、現存作家中心に切り替え、力ある女流作家の発掘顕彰を推進  
3 企画展実施回数 平成13年(8回)、14年(9回)、15年(7回)、16年(5回)、17年(5回)、18年(5回)、19年(4回)、20年(4回)
主なコレクション
<物故作家> 菅野圭介、安藤信哉、井上長三郎、内田巌、海老原喜之助、甲斐仁代、加賀孝一郎、河合新蔵、木下孝則、草光信成、熊岡美彦、黒田重太郎、小泉清、小西正太郎、小牧源太郎、真田久吉、鈴木利彦、高畠達四郎、高間惣七、田辺至、寺田正明、富田温一郎、中沢弘光、仲田菊代、浜田保光、峰村リツ子、矢崎千代二、山田正亮、吉田博、小野具定、岸田劉生、木内克、下村良之助、ケーテ・コルビッツ
<現存作家> 野田哲也、鞍掛徳磨、鈴木民保、鳥毛将宏、アイオー、青山美野子、内藤瑶子、水野朝、木原千春、川崎光草子、高橋正子、森敬子
広報活動
少し図々しく、全国向けにHPと月刊美術誌に掲載してきました。40万円/年
マスコミ30社/企画に投げ込み投稿を津図家増した。NHKアートシーンに野田哲也展が放映。日経、読売、朝日新聞に記事掲載。
今後の方向性・課題
2000年 開館
2010年 常設、完全予約制
2014年 実質休館、貸出美術館に変更
2023年 完全閉鎖
その他・特長
物故作家を常設、現存作家を企画展としました。
野田哲也、青山美野子、内藤瑶子、水野朝、木原千春、特に力ある女流作家を取り上げました。
アクセス(地図)
JR柏駅よりバス(若柴循環)で入谷津下車、徒歩3分
つくばEⅩ、柏の葉公園駅から徒歩13分
 外観・展示室内風景(写真)
9部屋中5部屋を展示スペースに充て、80点(常設30点、企画50点)ほどの作品を展示してきました。2014年実質休館としています。
美術館の開館、経営、継続の結果
1 実態はボランティア、健全な赤字経営200万円/年、他の収入で補填。 家族の支援がありました。 
2 2003年「わたくし美術館の会」を再立ち上げ、作品の貸し借り推進、コレクターも会員
 3 2014年で事情があって休館、貸出美術館に模様替え現在21年目。 
 4 自己実現出来ました。特に開館時は精神の高揚と充実がありました。至福の14年間でした。満足です。
 5 来館者 30~百数十名/企画  NHKアートシーンにも紹介
 6 パレット柏での野田哲也展は4500名の来館者、国立イスラエル関係者36名が我が美術館を見学。

        
              
2018年4月26日、柏わたくし美術館 野田哲也展 国立イスラエル美術館友の会36名が来館 画像 モノクロ