NPO法人あーと・わの会(通称 わの会)ご紹介
「わの会」は、主に美術コレクターとわたくし美術館の共同作業により、
美術品の公開、美術品の有効活用、埋もれた美術品の発掘顕彰に関する推進
とその支援事業を行い、美術普及の実現に寄与することを目的としています。

設立 2010・8・17に登録(2003年5月任意団体わたくし美術館の会が前身)
1)会員数   :現在73名、15美術館(2018年2月現在)
2)会員の構成 :わたくし美術館関係者15名、コレクター40名、作家、画廊、
         美術愛好家、美術研究者、修復家、美術普及家、
         美術館準備者

 平成30年3月25日号

1.「わの会の眼Ⅱ」の発刊のご案内


この度、「わの会の眼Ⅱ」“心を射抜く作品たち”を6月25日に発売致します。
「わの会」会員45名の熱心なコレクターが所蔵作品の中から選抜した
170点の日本の近代、現代絵画、彫刻作品を紹介した338ページの
ドキュメンタリー収集記です。



概 要     ; 45名のコレクターが170点の日本の絵画、彫刻作品(物故)を選抜、
紹介した357ページ(画像1ページ、コメント1ページ1セット)の
ドキュメンタリー蒐集記です。
絵画、彫刻   ; 作家(物故)数は145名、出品数170点  
内訳      ;(油彩101点、水彩13点、彫刻10点、版画9点、デッサン、
          コンテ5点、日本画4点、パステル4点 他7点)
発 売     ; 平成29年6月25日  
価 格     ; 2000円/冊+ユーパック360円/1,2冊
予約注文    ; NPO法人あーと・わの会 事務局 柏市若柴1-358 04-7134-8293
          ryokeihori@yahoo.co.jp

2. 「わの会」の放談会


放談会が再開されました。(第49回目)
20名の参加があり、新しい試みとして小講演会(井澤さんの修復)を開催いたしました。
おかげさまでワイガヤの楽しい放談会となりました。
第50回目の放談会は以下の予定です。どうぞご予定ください。

1 日時 
  平成30年4月14日(土) 午後1時~5時

2 会場
  ルノアール巣鴨駅前店様
  JR巣鴨駅南口徒歩1分・ロータリー左手パチンコ2階
  TEL 03-3942-9349

3. 「わの会」の会誌


第59号会誌のテーマは「コレクションの行方、絵の行方」です。11月末〆、12月末、発刊されました。

次回60回会誌のテーマは「自由投稿」です。読みたいテーマから書きたいテーマへ。執筆者が今どんな想いなのか。2月〆切り、3月末発行予定です。
どうぞお楽しみになさってください。

事務局 ; 04-7134-8293  
〒277-0871  柏市若柴1-358「わの会」事務局

4. 平園クリニックの「絵のある待合室」


平園クリニックの「絵のある待合室」として36室、360点の作品が展示されています。新しい試みです。ネット上に新しいわたくし美術館の誕生です。
彫刻、中山巍、神奈川銘柄を中心に掲載。一点ものも充実しています。
古美術雑誌「小さな蕾」2014年1月号から連載「絵のある待合室」が掲載されています。
「小さな蕾」
http://www.soujusha.co.jp/tsubomi_new.html
「絵のある待合室」
http://www.hirazonoclinic.jp/original7.html

「出品情報」
福島県立美術館、2019年1月12日~2月24日      
http://www.art-museum.fks.ed.jp/
碧南市藤井達吉現代美術館、2019年 3月6日~12日 http://www.city.hekinan.aichi.jp/tatsukichimuseum/
日本橋三越本店中央ホール 所蔵作品出品  
https://mitsukoshi.mistore.jp/store/nihombashi/history/list07.html

5. 会員の野口勉さんがネット上に心の手帖・わたくし美術館を掲載されました


心の手帖・わたくし美術館(Web版)のURLはhttp://arttomnog.exblog.jp/に変更されました。又掲載内容が更新されています。作家は古沢岩美、鈴木誠、宮坂金太郎、鶴田吾郎、須田寿、
山下充、別府貫一郎、高岡徳太郎、野村光司、三上浩、秋保正三、山上嘉吉、山上嘉吉、小村雪岱等です。
掲載作品が変更され続けられています。

6. 平成29年度4月末の美術普及活動の項目、実績


1  平成28年5月~平成29年2月までの市民の受益対象者数は59.015名、
   美術普及活動実績 66件、コレクション活用実績 77件です。
2  マスコミ掲載件数 121件です。HPアクセス数は557件/日、60名/日です。 
  (内訳60名/日の方が一人当たり約9項目、カテゴリーにアクセス) 

トピックスです。神戸わたくし美術館三浦徹さんに11月16日、神戸市から文化活動功労賞が贈られました。
おめでとうございます。

7. 実川暢宏氏の第2作「現代美術 夢のつづき」発刊とギャラリートークのお知らせ



 実川暢宏氏の第2作「現代美術 夢のつづき」159頁、
 冬青社 1500円+税が発刊 
 著者 実川暢宏/安福信三/寺田侑
 冬青社 / TEL(03)3380-7123
 HP http://www.tosei-sha.jp/

「本書が、そうした答えのない、しかし問題も多ければ可能性も無限であるはずの現代アートについて、ポジティブな「むだ話」という名のコミュニケーションを生み出す契機となれば、嬉しい」
(92ページより)

おめでとうございます。わの会顧問の実川氏が第2作を上梓。
4月13日17;00~19;00出版披露パーティが関係者100名が出席の上開催されました。

裾野市の裾野アートハウスで大沢昌介展 4月1日(日)~22日(日)
4月1日(日)15時から実川氏によるギャラリートークがございます。
展示作品 : 大沢昌介、高木俱、山口源

裾野アートハウス様
静岡県裾野市伊豆島田355-3
TEL 055-993-5930
http://arthouse.sp.land.to/

8. 新井博さん「生誕100年清宮質文展」へ8点を出品 


新井博さんからの情報です。
「生誕100年清宮質文展」平成29年12月~高崎市美術館、茨城県立美術館で開催予定。
新井コレクションからガラス絵5点、水彩1点、版画2点が出品。
それら以外にも、生誕100年相模求一朗展が平成29年12月から川越市美術館、北海道立近代美術館、脇田美術館(軽井沢)で開催予定。

茨城県立美術館
http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/
2018年2月23日~4日8日まで

9.一角獣の変身 青木画廊(編)の書籍に伊とうはるこさんが掲載されました


青木画廊編 一角獣の変身 ウイーン幻想派の紹介 風涛社 2,800円
255Pが5月31日発刊 
日本のシュール作家が良くわかる図書です。
この図書の「コレクター放談」の項目に「わの会」会員の伊とうはるこさんが登場、
「わの会」を紹介。
伊とうはるこさんは200点のシュール作家のコレクションを有しています。

風濤社様 http://futohsha.co.jp/books/art/aoki.html

10.山口県周南市「ギャラリー庵」さんにてN氏コレクション展開催


N氏コレクション展が4月10日(火)~4月15日(日)に開催されます。
野間仁根 児島善三郎 里見勝蔵
松田正平 脇 田 和 小林和作
宮崎 進 小 泉 清 荻 太郎
兵藤和男 小糸源太郎 月舘れい
吉岡 憲 難波田龍起 船越保武 他

今回は、コレクションの中から油彩を中心に20余点をご覧いただけます。

ギャラリー庵様
〒746-0034 周南市富田1丁目11-17
TEL 0834-64-2839 時間 10:00~18:00(最終日は16時まで)
http://iori.hiho.jp/


11.木村悦雄さんの所蔵作品が長谷川利行展に出品中


木村悦雄さんの所蔵作品が長谷川利行展に出品中です。
長谷川利行展 福島県立美術館 3月24日(土)~4月22日(日)
       府中市美術館 5月19日(土)~7月8日(日)
       碧南市藤井達吉現代美術館 7月21日(土)~9月9日(日)
       久留米市美術館 9月22日(土)~11月4日(日)
       足利市美術館 11月13日(火)~12月24日(月・祝)

12.義援金


東日本大震災義援金・岡倉天心記念六角堂等復興基金に「わの会」の会員による寄付を実施しました。平成23年6月9日、水戸の阿部真也さんが「わの会」を代表して茨城大学文学部教授小泉教授(右側、岡倉天心記念六角堂の副所長)に114,000円の目録を手交されました。

※六角堂は五浦地区の復興のシンボルとして、震災の一年後には再建が進められています。
平成24年4月17日竣工式に「わの会」の会員が参列しました。
茨城県天心記念五浦美術館は11月1日既に再開されました。

13. 寄付金のご案内


会外部、一般の方の寄付金の受付は「わの会」の事務局で行っています。事務局;04-7134-8293  〒277-0871  柏市若柴1-358 「わの会」事務局までご一報下さい。

27年度は9件 31.8万円、28年度 9.5万円、29年度 7月現在14万円です。主に「わの会」の活動資金に利用させて頂きます。有難う御座いました。